FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メッシュボディ用のスキン制作への道

長いことご無沙汰でしたスミマセン。
ぜんまいねじ・マキマキです。

ここのトコ放置だったマケプレの整理とスキンの投入してました。
それはまたこの後ゆっくり記事にしていこうと思います。

さて、大したこともしていなかったskinショップ"Une belle peau"ですがそろそろ遅ればせながらメッシュボディ用のskin開発をしようかなと。そんなことで再始動し始めています。
まだまだなにもわかっていないので手に触るところからの実験ですが。
うまく行かなかったら即撤退です。
そこは簡単に引き下がりますが、まずは挑戦ですねっ!

メッシュボディ(Fitted mesh body)は最近多くの方がご利用になっているようなのですがあたしはあんまり興味がありませんでした。
まずお高いし。どれを選んでも同じようで、だいたい他の人とうり二つになっちゃうのがつまらないと思っていました。
先日ウチのショップパートナーのえりちゃんが急にメッシュボディにしたいと言い出して。
時同じくお友達のコロさんがメッシュのボデイになさったり。
いろいろな周囲の変化もあってじゃぁちょっと調べてみようかしらというそういう流れでした。
でもスキン屋さんのあたしにはモデリングされたエディットの余地もないようなCGボデイって全然ピンときていないのです。
で、今回チョット調べてみることにしました。
調べる前はSlinkとかMaitreyaのボディが良さそうだとかThe Mesh Projectでデモ版があるとかその程度だったので殆ど知らなかったのです。
コロさんがお越しになった時にMaitreyaのボディを間近で拝見することが出来ました。
身体のカーブや指先足先までの丁寧な造形がとてもキレイで驚いたのと、あたしはメッシュはフルボディのものだと思っていたのでコロさんが首から上は従来通りのアバターのままでお使いなのを知ってそういう使い方もあるのだと知りました。
ボディそのものもアピアランスのエディットで普通のアバターと同じように修正できるのもはじめて知りました。
あたしがメッシュボディを好きになれなかったのはまさにここで形がワンサイズのメッシュで個性がなくなっちゃうのが嫌だったのです。
そうでないと知ったからにはちょっと遅まきながらのお勉強を始めたのが今回の実験のきっかけです。

早速インワで手に入るいろいろなメッシュボデイのデモを試してみました。

あんまり知らなかったのですが有名店から無名のお店まで何軒もボデイ屋さんがありました。
Slink,Maitreya,The mesh project、Bellezaなど有名店のDEMO版にもそれぞれ特徴があって付けてみているうちにいろいろ面白くなってきます。
最終的に気に入ったのがBellezaでした。
仕上げも完成度もとても気に入ったので次はアプライヤーとして需要があるかも考えてBellezanoアプライヤーキットを手に入れてみるとメッシュのマップやテストキットもあってなかなか丁寧だったのででは、こちらの製品用にskinを開発したいなと思ったのです。

まだ何も始まっていないのでとりあえずうちのクラシックskinとメッシュボディのskinの違いやズレを調べようと言うところが今回までのところです。

実験は単純にうちのいつものskinをBellezaボディにつけてみました。

お写真①がまずザックリとskinを着せてみたところ。
Body_001.jpg

下のフルボディにはRindou skinを着せてみました。
上のアッパートルソーにはMorning glory skinを付けてみました。

お写真②を見るとBellezaのボデイはアッパー部分に更に首パーツニップルパーツが別になっています。
これはそれぞれ作ることになるようでマップもありました。

Body_002.jpg

次にお写真③
ここに一番の違いが出ています。
・・っと言うかこのままだと大失敗です。

Body_003.jpg

クラシックSLアバターの胸はザックリ膨らむ程度なのでどうしても胸の谷間を描き込んで雰囲気を作っています。
これがメッシュボデイだと絵で書いた谷間がそのまま張り付いてるようです。
へんてこなタトゥとなってこれは全く意味がありません。
メッシュのボデイ用にスキンをつくる時は谷間はやめて、あってもふんわり影タッチ程度なのだと思いました。

次にお写真④⑤
ここにも致命的なズレが出ていました。

Body_004.jpg

Body_005.jpg

SLアバターで一番細密な部分がこの手先足先のツメ部分です。
案の定ツメの位置もサイズも全くズレてしまっています。
メッシュボディ用のskinのリゾリューションは1024x1024 うちのskinは512x512なのでちょっとボケてしまいますがこれは本番ではなんとかなります。
でも、1024x1024で作るにしてもさすがにこの細い指先に位置合わせをぴったり持ってくることは無理なので考えこんでしまいました。

・・・・と、考えていたら思い出したことがあります。
BellezaにはHUDでネールの変更が可能だったので。
ツメそのものを別パーツで表現することになっているようなのです。
ということは、あえてツメは描かないでおいて指だけにしておくのがいいのかもしれません。

お写真⑥はおしりです。
おマタはお見せできませんがおしりもおマタも位置はバッチリ影処理を少し考えればサクッと合いそうです。

body_006.jpg

こうして実際実験してみるとやり直さなければいけないところと今までのことで済むところ。
いろいろ見えてきました。

今回は一応ここまでの確認でしたが
次回はこのメッシュボデイ用にどこまで細密に合わせが出来るのかのサンプル作りですね。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

zenmai voom

Author:zenmai voom
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブックマーク
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。